国内でAPI取引が行える仮想通貨取引所一覧

取引所 アービトラージ

国内でAPI取引が行える仮想通貨取引所をまとめています。
APIを利用して自動売買ツールを構築できる取引所探しの参考にしてみてください。

API利用時の取引所選びのポイント

 ポイント

APIとは

APIは仮想通貨取引所が提供しているサービスで、HTTPS形式でデータ送受信して取引や価格参照ができます。
このブログでも取引所ごとのAPIの使い方記事を記載しているので参考にしてみてください。

自動トレード(取引所API)
「自動トレード(取引所API)」の記事一覧です。

取引形式(販売所/板取引/2Wayプライス)

取引所の提供するサービスの取引形式は売り買いの価格が並ぶ「板取引」の方がAPIトレードはしやすいです。

板取引

bitFlyer

APIが提供されているのは「板取引」がメインとなりますので、「販売所」「2Wayプライス」形式の取引所は現状APIを提供していません。

手数料

現物取引については手数料がかかるところが多いです。手数料については%単位で、ビットコインの価格が高いほど手数料も高くなるので、利用したいサービスの手数料が安い取引所を選びましょう。

国内の仮想通貨取引所サービス

サービス

2020年1月現在APIを利用できる仮想通貨取引所をまとめています。

・ZaifはAPI品質が悪いので△にしています。
・BITPointはハッキングから出来高が回復していないので△にしています。
・DMMビットコインは残念ながらAPIを提供していません。
取引所 API BTC現物取引手数料
GMOコイン メイカー:-0.01%、テイカー:0.05%
bitFlyer 0.01~0.15%
bitbank メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%
Liquid by Quoine 0%
coincheck 0%
Huobi 0%
BTCBOX 0.05%
Zaif 0%
BITPoint 0%
DMM Bitcoin × 0%

まとめ

APIを利用できる仮想通貨取引所を紹介しました。
自分の利用したいサービスに応じて取引所を選んでみましょう。

おすすめ記事


GMOインターネットグループの【GMOコイン】

コインチェックに登録する


コインチェック

APIを自作したらVPSで稼働させてみよう。

外部サーバで稼働させるにはさくらVPSが手軽でおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました