Puppeteer

Node.js

コスパで比較!初心者向けのVPSの選び方とおすすめのVPS

初心者向けにVPSの選び方を紹介します。この記事では、 ・VPSを使いたいけど何を選んだらいいかわからない・アプリ開発に時間を割きたいので一番いいVPSだけ知りたい という方向けにVPSサービスをコスト別のランキング形式で比較して...
Puppeteer

Puppeteerの基本的な動かし方

Puppeteerの基本的な動かし方のまとめ記事となります。 PuppeteerはNode.jsのライブラリで定型的なブラウザの操作を自動化できるようになります。 基本的なコードが書けると流用して自分のやりたいことができるようになりますので...
Puppeteer

Puppeteerでテキストデータを取得する(スクレイピング)

この記事ではNode.jsのライブラリPuppeteerを使ってWebページに記載されている情報(テキストデータ)を取得する方法を紹介します。 取得したテキストデータをテキストファイルに書き込むところまでを実践します。 ・毎日...
Puppeteer

【Node.js】Puppeteerのpage.type()で日本語入力が反転してしまう場合の対処法

※このページは2019/7/14に作成されました。こんにちは、ケネです。この記事ではNode.jsのライブラリPuppeteerを使って文字入力する場合の注意事項について解説します。外部サーバにPuppeteerを設定してブラウザの自動操作...
Puppeteer

【Node.js】Puppeteerで文字入力する(ログインする方法も)

この記事ではNode.jsのライブラリPuppeteerを使って文字入力する方法を解説します。 固定の文字を何回もWebに入力することってめんどくさいんですよね。特にスマホはコピーして貼り付けるのも一苦労だと思います。 使えるシーンはあまり...
Puppeteer

【Node.js】Puppeteerで画面遷移する(リンクをクリックする)

この記事ではNode.jsのライブラリPuppeteerを使って画面遷移する(リンクをクリックする)やり方を解説します。 ブラウザの自動操作に興味がある、楽をしたい Puppeteerの基本的な操作を知りたい Puppeteer使ってみた...
Node.js

Puppeteerでエラーメッセージが出た時の対処法:Protocol error (Runtime.evaluate): Target closed.

Puppeteerのエラーが出た際の対処法です。 Warningとなっていますが後続の処理は実行されないので対処が必要です。 //エラーメッセージ UnhandledPromiseRejectionWarning: Error: Proto...
Node.js

【Node.js】スクレイピングをスケジューラーで定時実行させるにはnode-scheduleが便利(起こりやすいエラーも紹介)

スクレイピングツールを毎日決まった時間に動かしたいときのライブラリ(node-schedule)の紹介です。 Linuxでジョブを定時実行するcrontabと同じcron形式なので操作しやすく、導入も簡単なのでおすすめです。 スクレイピン...
Node.js

Puppeteerでボタンをクリックする

Puppeteerはブラウザのスクレイピング(自動操作)ができるNode.jsのライブラリです。Node.jsを利用していてブラウザ操作に興味がある人にオススメです。 この記事ではボタンをクリックする方法をパターン別に解説します。 ...
Node.js

Puppeteerのスクレイピングを同期的に呼び出す(Async/await)

PuppeteerのスクレイピングをAsync/awaitを使って同期的に呼び出す方法です。Async/awaitについて理解できていれば普通に作れると思いますが、慣れていないと難しいと思いますので参考にしてください。(私もハマりました。。...
タイトルとURLをコピーしました